【雑誌掲載】「そばうどん2017」柴田書店MOOK

カテゴリ:news 投稿日:

「蕎麦のルーツを探るスタディツアー」の様子が掲載されました!

2015年、2016年に実施した「蕎麦のルーツを探るスタディツアー」。

世界のそば料理の研究を行っている、江戸ソバリエ協会顧問の稲澤敏行氏との出会いから企画が始まり、参加者と共にラダックのそば文化に触れるスタディツアーを行ってきました。

様々な地域で現地調査を行っていく中で、ラダックで今もなお受け継がれている麺作りの手法が、中国最古の農業書に記されているものと同様であることが判明し、ラダックは麺作りの原点が残る貴重な地域であるということがわかってきました。

そしてこの度、

「インド最北部、標高3000m級の高山地帯 ラダックでソバと小麦の伝統食文化を発見」と題した稲澤氏による現地調査報告が、日本唯一のそば、うどん専門誌「そばうどん」の2017年版に掲載されました。

9ページに渡って、ラダックの麺文化を多くの写真と共にレポートする貴重な記事となっています。


『そばうどん2017』
著者:柴田書店MOOK
出版社:柴田書店
出版年月日:2017年4月13日
価格:本体2,500円+税
掲載頁:p95~p103
文・写真/稲澤敏行
http://www.shibatashoten.co.jp/detail.php?bid=08086800