1/14 食べ比べ蕎麦打ち体験会

カテゴリ:news 投稿日:

ラダックと日本のそば打ちを体験し食べ比べするイベントを開催!

アートの学校、美学校とのコラボレーション企画第5弾!

ジュレー・ラダックでは、2015年から蕎麦のルーツをラダックに探し求めるグループツアーを開催しています。

ツアーでは様々な視察や交流を繰り返す中で、ラダックの日常に当たり前にある麺作りが、世界最古の農業書に記されたものと同じ手法であることがわかるなど、多くの発見とご好評をいただき、今年の夏にも第3回蕎麦グループツアーを実施しました。

昨年に引き続き、今回もツアー参加者である そば・マニグルマ研究会 平林会長に蕎麦打ちを指導いただきながら、貴重なラダック産蕎麦粉と国産蕎麦粉を使って蕎麦打ちを体験し、食べ比べをします!

さらに、現地報告や落語もありのプログラムとなっています!

以下、イベント詳細です(※要申込制)


蕎麦は我々の食事において欠かせないものとなっていますが、皆さんは蕎麦の原産地をご存知ですか?
今回は原産地の一つと言われているインドの秘境「ラダック」の蕎麦粉(売り物ではなく交渉を重ねて物々交換で入手した貴重なもの)と国産の蕎麦粉を使って蕎麦打ちをします。打った後は蕎麦の食べ比べを行います。

また、より蕎麦に親しんでいただくために今回は落語家の立川志の太郎さんに蕎麦に関する落語を一席していただきます。

さらに、当イベントでは、先日帰国したジュレー・ラダックの代表スカルマによる最新の現地レポート後、皆さんと意見交換をしたいと思います。

【イベント概要】
日 程: 2018年1月14日(日)
時 間: 10:00〜15:00(9:45開場)
参加費: 3,000円(材料費込み)
定 員: 10名(調理器具の都合により)
会 場: 美学校 本校 (アクセス) 
主 催: NPO法人ジュレー・ラダック、美学校

【内容】
・ラダックと蕎麦の関係について
・蕎麦打ち体験:
2班(ラダック産と国産蕎麦粉)に分かれ蕎麦打ち
・食事
・後片付け
・総括
・解散

※そば・マニグルマ研究会の平林会長に蕎麦打ちをご指導いただきます。

【その他】
三角巾(頭を覆うもの)とエプロン、ふきん2枚など、ご持参ください。
経費を除いた収益金は、NPO法人ジュレー・ラダックを通して、ラダックの子どもたちのために使われます。

【お申込】
こちらのページ下部にある申込みフォームからお申込みください。
(美学校のイベントページに移ります)