ラダックの暮らし
 

■ ラダックの暮らし

    伝統的なラダックの生活は持続可能な地球に優しい循環型生活です。ラダックの生活を覗いてみると、例えば人糞を肥料にし、家畜の糞は乾燥させて燃料にし、ヤクの毛から糸を紡いで服や毛布を作り、自分たちで日干し煉瓦を作って家を造り、と身近にあるもので自給自足が成り立っていました。糸紡ぎをしている所
 高地で作物が育つ時期は約4ヶ月間と極めて短いにも関わらず、人糞と家畜の糞尿を肥料にし、氷河から溶け出した水を畑に引くことで、1年間に必要な小麦や大麦の生産を可能にしただけでなく、塩、茶、宝石などの交易をするほどの余剰を生み出す生産力を維持してきました。そして、ラダックの環境に適した大麦の作り方、家畜の育て方、有益な植物の見分け方といった、様々な知識と技術を子供たちが親戚や近隣の人々から学ぶことによって、この営みは絶えることなく継承されていきました。

 ラダックの環境に調和した様々な知恵は、この厳しい生活環境条件で生き残ることを可能にしただけではなく、豊かな文化を築いてきました。伝統的なラダックの生活は、コミュニティ同士が助け合い、飢餓、犯罪、環境破壊、民族紛争はほとんどなかったと言われています。

*     *     *

■ ラダックの食事

    ラダックでは主に大麦、小麦を主食としています。ツァンパと呼ばれる炒った大麦を粉にしたものをお碗の中でバター茶と練って作るコラック、ツァンパを大鍋で水から練って作るパバは、自家製ヨーグルトなどと一緒に食べます。テントゥクチベット料理として知られるモモは羊の肉や野菜が入った蒸し餃子で、モクモクと呼ばれています。小麦粉を水で練ったものを、野菜や肉、自家製チーズのチュルペなどと一緒に煮込むものは、小麦粉で練った形によって名称が異なります。生地をサイコロ大にちぎり、親指で潰すだけのシンプルなものはスキュー、筒型にした生地の真ん中をつまんで蝶ネクタイのようにしたものはチュータギ、生地を四角に切ったものをテントゥクと呼びます。最近はインドから入ってくる米やチャパティもよく食べています。
 飲み物はバター茶がよく飲まれ、乾燥した唇を潤します。最近は、バター茶と共にチャイを飲む機会も増えています。ラダックの台所アルコールは自給自足しており、自分の家で大麦を発酵させてチャンと呼ばれる醸造酒を作り、またチャンの蒸留酒であるアラックと呼ばれる強いお酒も飲んでいます。お酒は冬の寒いラダックでは体を温めるのに一役買っています。

ラダックの台所


*     *     *

■ 昔から続く伝統

    ジュレー・ラダックの文化交流スタディツアーでも訪問しているアムチ、シャーマン、オンポは昔からラダックの人たちにとってとても大切な存在です。

薬を調合しているアムチ アムチはチベット伝統医のことで、村にはアムチが一人おり、昔から村人の病気やけがを治療しています。アムチは特定の場所から採集した自然なハーブを使用して作られた自家製の薬を使い、患者の脈や尿などから検診し、時にはお灸も行います。
薬を調合しているアムチ

 シャーマンは、薬で治せない病気の治療や悩み事、紛失物を解決する呪術師です。患者が病気の時には不浄物となる黒い魂が体内にあると信じられており、シャーマンはストローの様な筒を使って患者の体から吸出し、治療をします。
 占星術はラダックの人々にとって物事の良い始まりや幸運を得るための最も重要なものの一つです。オンポと呼ばれる占星術師は、出産から結婚、妊娠、そして祭りや旅行、農作業から死に関する様々なことを取り決めます。例えば、結婚の時は二人の相性を見てもらうことから、結婚式の日にちや時間などもオンポが決めます。

*     *     *

■ チベット仏教との関わり

    ラダック人の多くがチベット仏教徒であり、村には必ずゴンパと呼ばれる僧院が一つあります。各家庭にも仏間が最上階にあり、毎朝仏間の水を取替えお祈りし、焚いたお香を持って全ての部屋を回ります。サンカルゴンパの砂曼荼羅タルチョと呼ばれる黄、緑、赤、白、青の五色の旗には経文が書かれており、家の屋上や山頂等によく張られています。タルチョは風に靡くと読経したことになり、風が平和を世界に運ぶと言われています。



サンカルゴンパの砂曼荼羅

    人々はマニ車と呼ばれる、中に経文が書かれた物を回しながら「オンマニパドメフム」という真言をよく唱えており、これもタルチョと同様、回すと読経したことになります。マニ車もいろいろなサイズの物があり、このような手で回すタイプから、ゴンパなどに見られる高さが2メートルを越すような大きなタイプもあります。真言が書かれたマニ塚も村の所々に置いてあり、これを横切る時は必ず時計回りで回らなければなりません。


ラダックの僧
ラダックの僧

    各僧院では仏教に関するお祭りが行われ、特に有名なのは毎年7月頃にヘミスゴンパで行われるヘミス祭です。このお祭りは2日間にわたって行われ、僧の仮面舞踏(チャム)が見られます。ラダック最大のこのお祭りを見に、毎年多くの観光客が訪れています。

   

ラダックの概要
ラダックの暮らし
ラダックの課題
ラダックのNGO
ラダックの風景

 サイトマップお問い合わせ

 特定非営利活動法人ジュレー・ラダック
 〒112-0002 東京都文京区小石川3-4-14  
  Copyright (C) 2010 JULAY LADAKH. All right reserved