過去のイベント詳細
 

ヘレナさん招聘イベント実施(2007年7月)
2007年7月5日、ジュレー・ラダックとNPO法人開発と未来工房との共催で、『懐かしい未来』の著者であるヘレナ・ノーバーグ・ホッジさんを招聘し、「ローカリゼーションの胎動:経済グローバル化を超える地元力」というタイトルの講演会を国立オリンピック記念青少年総合センターにて行いました。テーマは「ローカリゼーション(地元力)」。何十万トンのプラスチックや食品が世界中をクロスしてムダなエネルギーを大量に消費する“グローバリゼーション”ではなく、地元のものを食べ、地元に対する尊敬の念を取り戻す、持続可能な“ローカリゼーション”へ向かおう、というお話でした。
必要のない貿易をやめること、石油や原発、ダムなど大きなエネルギーから分散型の再生可能なエネルギーに切り替えること、ローカルフード、真のオーガニックフードで健康を維持し、ローカルコミュニティをつくっていくこと、など持続可能な暮らしへのヒントを多く語ってくれました。続いて、中島恵理さん(経済産業省勤務)から、小川町の生ゴミを利用した有機農や、野洲の自然エネルギーと地域通貨利用など、日本におけるローカリゼーションの具体例についてのお話がありました。その後、質疑応答があり、最後にヘレナさんも中島さんも「物、お金はローカルに、技術、知恵はグローバルに」と言っていたのが印象的でした。

イベントの日程
2007.7.5 @国立オリンピック記念青少年総合センター
「ローカリゼーションの胎動:経済グローバル化を超える地元力」
2007.7.10@明治学院大学白金キャンパス
「懐かしい未来とスピリチュアリティ:本当の学びと幸福とは」

 

ヘレナさん招聘イベント実施(2006年5月)
2006年5月20、21、23日の3日間、NPO法人開発と未来工房とジュレー・ラダックが合同して、持続可能な社会づくりの実践者であり、世界的なオピニオンリーダーであるヘレナ・ノーバーグ・ホッジさんを招聘し、明治大学、拓殖大学のキャンパスにてシンポジウムが開催されました。
ヘレナさんは、つつましくも豊かだったラダックの人たちの生活が急速に変わってゆくのを目の当たりにしました。そして、エコロジカルで人間的な暮らしを取り戻すためにNGOを立ち上げ、住民たちとともに、自然エネルギーの活用や女性達のコミュニティ活動、ローカルフード運動など、さまざまな活動をしてきました。伝統文化を生かした新しい開発のアプローチ――近代化を押しつけるのではなくて、現地の伝統文化とかそこにあるよいものを生かした開発のアプローチについて語ってくれました。

イベントの日程
2006.5.20@東京都明治学院大学白金キャンパス
1.上映会「懐かしい未来:ラダックから学ぶこと」/「地域から始まる未来:グローバル経済を超えて」
2.シンポジウム「未来は変えられる:経済グローバル化を超えて」
3.ラダックナイト「懐かしい未来を こころと身体で感じよう!」
2006.5.21@東京都拓殖大学文京キャンパス
1.上映会「懐かしい未来:ラダックから学ぶこと」/「地域から始まる未来:グローバル経済を超えて」
2.シンポジウム「真に持続可能な社会の実現に向けて:ラダックと日本」
2006.5.23 @東京都明治学院大学横浜キャンパス
1.講演「ラダックにおける伝統的な暮らしと変化、そして未来:開発をめぐる基本的な視点」
2.シンポジウム「持続可能な開発とGNH(国民総幸福量)」




ソーラークッカー
スタディツアー
ホームステイプログラム
ラダック子供支援
イベント・セミナー
環境・文化・国際理解

 サイトマップお問い合わせ

 特定非営利活動法人ジュレー・ラダック
 〒132-0013 東京都江戸川区東小松川3-35-13-204 小松川市民ファーム内 
  Copyright (C) 2010 JULAY LADAKH. All right reserved